HOME

【更新情報】
***********************************
2020/5/30
【更新】
2-2.複数のハウス・ルーラー

少しずつ少しずつ。

2020/5/16
【更新】
2.天体

暑くなってきましたね!
え?更新が1年半ぶりですか…?

2018/10/9
【更新】
2-2.複数のハウス・ルーラー
2-3.ナチュラル・ルーラーとは

涼しくなってきましたね!

2018/5/8
【更新】
2-3.ナチュラル・ルーラーとは

暑くなってきましたね!

2018/5/1
【更新】
6-3.朝比奈式レセプション

以前に予告してから大変長々とお待たせしました。
朝比奈式レセプションはこちらです!

************************************
こんにちは!
朝比奈ジュンです(^ω^)

このサイトは、
・ホラリー占星術を使いたい人
・西洋占星術を一から学んでみたいと考えている超初心者の人
・何度も挫折して、まだ身についていないと感じている人
・クラシック占星術(伝統的占星術、古典占星術)に興味を持っている人
・洋書での勉強が難しいと感じている人

こんな人に向けて、クラシック占星術の初歩であるホラリーの占い方法を解説しています。

************************************
【クラシック占星術に初めて触れる人へ】
詳しくはこちらのサイトでクラシック占星術を紹介しています。
************************************

ホラリー占星術とは

占いには、命術、卜術、相術などがあります。
年間の運勢などを占うのが命術、「彼とつきあえる?」「昨日面接に行った仕事は決まる?」「見つからない時計はどこ?」というように具体的な悩みを占うのが卜術、手相や顔の相を見て運勢などを判断するのが相術です。
相術も運勢を扱っているので、大きな意味では命術に含まれるでしょう。
このサイトで扱っているホラリーは西洋占星術で、卜術に該当する占いです。
西洋占星術は「運勢の占い(命術)」として広く知られているので、タロットのような卜術があることはなかなか知られていません。
僕も西洋占星術を学び始めた頃はホラリーという言葉も知らず、タロットのような占いができると知っても半信半疑でした。
しかし色々と調べていくうちに、西洋占星術は本来、ホラリーとネイタルを組み合わせた占いであったことや、産業革命をきっかけに西洋占星術が急速に衰退し始め、そのためホラリーという技術自体が忘れられるようになってしまったこと、それでも現代になってから徐々に復興の流れが出てきていることなどを知りました。
ホラリーは西洋占星術の中の卜術です。タロットと同じように、その時その時に抱える個別の悩みに答える占いです。
タロットとの違いはいくつかありますが、ネイタルも交えて解説しましょう。

1.ネイタル
ネイタルは一年の大きな流れを知るための運勢の占いです。大きな地図に相当するでしょう。
この年の運勢は…という占いが得意ですが、探し物の場所を占うことはできないし、何人も結婚相手の候補がいるような人の場合、一体どの人との結婚がその年の運勢に表示されているのか判断は難しいでしょう。

2.ホラリー
ホラリーは運勢に比べれば個別の具体的な悩みを占うのに役立ちます。中くらいの地図に相当するでしょう。
大体1年くらい先までの出来事の成行きを表示してくれます。何人か結婚相手の候補がいたとしても、複数の天体によって別々に表示されるため、それぞれの人との成行きも占うことが可能です。

3.タロット
タロットは、ホラリーに比べてもさらに詳細な占いをすることが可能です。市街地の地図やカーナビに相当するでしょう。
ホラリーではせいぜい3、4人が限界だと思いますが、候補の人が10人以上いたとしても個別に占うなんてのは朝飯前です。
他にも、例えば彼への返事は明日がいいのか明後日がいいのか…というように、本当に本当に細かいところまで占うことが可能です。
こういう内容についてホラリーでも占うことはできるにはできるのですが、やや慎重に使わなければならないので最初のうちは難しいでしょう。
タロットの弱みは、相談の仕方で答がころころ変わってしまい、ホラリーに比べて全体的な流れを見失いやすくなるところです。
例えば、「彼とつきあえる?」という内容を占ったところとても良いカードが出てきて、「あ、つきあえるんだ!やった!」と喜んでよいかどうかはまた別の話で、「それじゃ、うまくいく?」と占うと悪いカードが登場して「うまくはいかないんだ…」という具合です。
このような場合ホラリーでは「つきあえる可能性は高そうだけど、うまくはいかないよね」あるいは、「やめておいた方がいいよね」というように、全体的な見通しを1枚のホロスコープに表示してくれます。
ただし、タロットについては占い師の方の経験にも左右されるし、霊感など特殊な能力をお持ちの場合には話は変わってきます…。しかし残念ながら、僕には説明不可能な内容です。

◆ ホラリーの強みは?
タロットと較べた時のホラリーの長所は以下の通りです。
 ・タイミングが表示される
・登場人物が複数いる時には誰とどんな関係なのかわかりやすい

ホラリーにはタイミングが表示されます。これは便利。例えば、「彼と何日後に会えそうですか?」というような相談に、「3週間後くらいを目途に…」と答えられるのです。これはホラリーの強みですね。
そしてホラリーには、登場人物が複数いる時、相談している人が誰とどんな関係なのかわかりやすいという利点もあります。
例えば仕事についての悩みで、登場人物が会社だけでなく、協力的な同僚、嫌いな上司、恋人、母親、子供…という風にたくさん出てきてしまうと、誰と誰がどんな関係なのかタロットでは何度も何度もカードを切る必要が出てきてしまい、やっかいです。
こういう、複数の人物同士の関係はホラリーではすっきり表示されるので便利です。

◆ ホラリーとタロットの組み合わせは?
ホラリーとタロットを同時に使った場合、その表示は一致するものでしょうか?それとも、ズレるものでしょうか?
これは一致する時もあればズレる時もあります。
一致する時には、それぞれの表示を元に結果を判断することができます。
表示がずれる場合、3つの可能性が考えられます。
1.ホラリーの読み間違い
2.タロットの読み間違い
3.ホラリーがタロットよりも長期的な視点で見通しを表示している場合

1と2はそれぞれの読み間違いに気づけるという利点があり、3はタロットの弱みを補う上でもとても便利です。
ホラリーがタロットよりも長期的な視点で見通しを示してくれている場合には、それに合わせてタロットの質問の仕方を変えていけば、それに対応したカードが出てくるでしょう。

◆ ホラリーとタロットの対応策
ホラリーにもタロットにも、対応策が表示されます。
対応策というのは、今の状況はこれこれこうだから、こうしていったらいいんじゃない?という、これからの行動のアドバイスのようなものです。
これはタロットにはそれ専用の場所があって、その場所に出たカードでこれからどうやって行動していこうかと考えていくのですが、ホラリーにはタロットのような専用の場所はありません。
専用の場所はありませんが、ホロスコープのあっちこっちにこのようなアドバイスが散りばめられています。
どちらにも長所があります。タロットにはタロットにしか出せない対応策が、ホラリーにはホラリーにしか出せない対応策がそれぞれ存在します。
敢えて言えば、やはり最初はホラリーで見てそれからタロットで見ていく方が、対応策は絞り込みやすいのではないかと思います。
そして、ホラリーにしか出せない対応策の最大の魅力は、ホロスコープ全体を使うことによって生み出されるその多彩な表現力にあります。
そのあまりのわかりやすさと、豊富なアドバイス。それはもう本当に、神様ってすごいなー、と感動するばかりです。
もちろんタロットの対応策も魅力満点ですよ!ただ、タロットに慣れている方もホラリーの対応策を知ったら、きっと虜になってしまうでしょう。
あ、別にホラリーばかり讃えているわけではありませんよ?僕はホラリーが好きなせいでどうしてもホラリー贔屓な言い方になってしまっているかもしれませんが、どちらも本当にお勧めです!
それから、もちろん対応策と言っても、「どうやったってそりゃ難しいでしょ!」という表示は、タロットでもホラリーでもどっちでも出てくることはありますよ。念のため。

…あれ?
これ、ホラリーの説明になってるかな?
なってるといいんですけど!
ホラリーは現在、タロットをされる方からもジワジワと人気上昇中です。「組み合わせて使いたい!」というお話をたくさんいただいています。
それから、「タロットは苦手で…」という方からも人気です。
「カードはどうしても信じられないけど、星は信じられるんです」という方、少なくないんですよ。

そうだ、ホラリーをするようになったら、ぜひ夜空を見上げてみてください。
そこに光り輝くたくさんの星をホラリーの中で使いこなせるようになってきたら、もう、わくわくが止まりませんよ!
そこまでいくのは少し大変ですが、最後まで駆け抜けていきましょう!

このサイトの特徴

1.「これ以上減らしてしまうと、占星術ソフトを使う時に支障が出るくらいまで」難しい専門用語を減らし、学びやすくしています
2.図解を増やし、理解しやすくしています
3.難しい洋書を何冊も読むことなく、ホラリーが使えるようになります

占星術のソフトさえあれば、早ければ1週間程度でホラリーが使えるようになってしまう…そういうサイトを目指していま…した。
目指してはいたのですが…このサイトで解説しているホラリーの占い方は、実はクラシック占星術の伝統的な方法と異なる部分が結構あり、そのためというかなんというか、習得することが割と難しくなってしまっています。
伝統的なホラリーも習得するまでになかなか骨の折れる占いなのですが、このサイトで説明しているホラリーはそれに輪をかけてもう本当にボキボキ骨の折れそうな感じになってしまっています。
それらの詳細はおいおい説明していきますが…そういうわけで、それなりにしっかり勉強しないとこのサイトで説明しているホラリーは使いこなすことが難しいと思います。
「サイトの説明はわかりやすいんですけど、ホラリーって難しいですね」というご感想が多いのですが、(ありがとうございます)、そうそう、実は本当に難しくなってしまっているんですよね…
でも、できる限りわかりやすく説明していくつもりです!

ホラリー占星術の実例

ホラリーがどんなものか知るために、実例を見てみましょう。
ある日、僕はMP3プレーヤーとパソコンをつなぐコードが見つからなくて困っていました。
「ソニーのMP3のコードはどこにある?」

下の図が作成したホロスコープになります。

MP3のコードはどこにある?

MP3のコードはどこにある?

ここではホラリーのシンプルさをご理解いただくために、余計なものは全てとっぱらってあります。
あなたはまだ僕の使う用語は何もわからないと思いますので、占いの流れだけを追ってみてください。

探し物であるMP3のコードは、第2ハウス、おうし座のルーラーである金星か、探し物のナチュラル・ルーラーになることがある月によって表されます。
ロード2が第一候補なので、まずは金星から。
金星は第4ハウスにいます。
第4ハウスは、第3ハウスから2番目のハウスなので、兄弟か姉妹の「所有物」という意味があります。
僕には妹がいて同じタイプのMP3を使っています。この間会った時に、間違って持っていってしまったのででしょう。
そこでメールをしてみました。
「MP3のコード持ってない?」
それからまたホロスコープを見直しました。
「いつわかるかな?」
すると2つのことに気がつきました。

MP3のコードはいつ戻るか?

月と水星が…

妹は第3ハウス、ふたご座のルーラーである水星によって表示されます。
そして、僕自身を表す月がすぐにコンジャンクションしようとしています。
水星は14度かに座。月は11度かに座。
月は移動スピードが非常に速く、3度で水星にコンジャンクションします。
3分、3時間、3日のどれか?
3分か3時間後。
その少し前に妹とメールのやり取りをしていたので、返事はすぐに来るでしょう。
すると3分後。3分後に妹からメールが来ました。
「ああ! あたしのかと思った! ごめん今度持ってく!」

ホラリー占星術の特徴

この例で見てきたように、ホラリーの特徴は3つあります。
1.占いのスピードが速い
2.わかりやすい(こともある)
3.具体的

ホラリーは速く占えることが特徴です。
今回の例では、たった3つの天体で占えました。
・MP3のコードを表す金星
・妹を表す水星
・自身を表す月
たった3つの天体で、場所も、いつ戻ってくるのかも、すぐに判断が終わりました。慣れてしまうと一目見ただけで判断し終えてしまうことも少なくないんですよ。

ホラリーは説明が論理的でわかりやすい…こともあります。
このMP3の例は極めてわかりやすいものでした。
「質問をした人の所有物」は第2ハウス
「質問をした人の兄弟姉妹」は第3ハウス
「質問をした人」を表す月
いつもこんなにわかりやすいというわけでもありませんが、わかりやすいこともある…としておきましょうか。実際には、なかなか読みにくいホロスコープにも出会いますが…

ホラリーは神様の見通しとアドバイスが具体的に表示される占いです。
彼とつき合い続けることが良いことかどうか、仕事が決まるかどうか、探し物の場所、山登りの日に晴れるかどうかなどなど。
気になったことをさくっと占って、快適な毎日を過ごしましょう!

ホラリー占星術の学び方

ホラリーは慣れてくれば素早く判断できるようになりますが、簡単に習得できるとは言いにくい占いです。
覚える事を覚えて、繰り返しの練習が必要になります。
そのためにお勧めの方法があります。

1.毎日ありとあらゆることを占って練習する

どんなささいなことでも構わないので、毎日ホラリーで何かを占ってみてください。
最初はわからないことだらけだと思いますが、少しずつ少しずつわかることが増えてくるでしょう。そのうち、少しずつ少しずつ当たることが増えてくるはず。どんぴしゃで当たる経験をすれば楽しくて仕方がなくなり、病みつきになっていくと思います。

2.間違えたことを嘆くより、できたことを喜ぼう!

あなたは、間違える事を許されています。
占星術師は、相談する方の悩みに占いで答えます。現状を分析したり、まだ起こっていない未来の出来事を予測したり。これは本当に凄いことです。
…でも、最初から当たり続けることはやっぱり難しいんです。
馴れるまでは、何度も何度も間違える事になります。間違いは避けられません。僕も通ってきました。恥ずかしい思いも何度もしました。
でも、ホラリーを学ぶ人は必ず通る道です。それでいいんです。偉大な占星術師もみんな繰り返し間違えてきました。上達しても間違えるときは間違えます。
例えばバスケットで、マイケル・ジョーダン(バスケットの神様と呼ばれた選手)のような凄い選手でも、フリースローを失敗することがあります。
これは、マイケル・ジョーダンが突然下手な選手になったわけではありません。フリースローが意味のない攻撃になってしまったわけでもありません。ただ、マイケル・ジョーダンが失敗をしただけに過ぎないのです。
だからあなたも、占いが外れてもどうか落ち込まないでください。
間違えたらそこから学んでください。それしか道はありません。前向きな姿勢が大切です。
それでは、さっそく始めましょう!

目次

サイト作成についての御礼

このサイトの作成に関して、どれだけ感謝してもしきれない方がマリームーン先生です。
マリームーン先生は霊感やタロットを用いて占いをされているベテランの占い師さんですが、このサイトの作成についても多くの助言をいただいています。
本当にありがとうございます。

参考資料など

このサイトの作成については、以下の本を中心に他多数のクラシック占星術についての書籍を参考にしています。

「The Horary Textbook」 John Frawley

John Frawley(ジョン・フローリー)
彼は30年以上に渡りクラシック占星術を研究、実占、指導してきた現役の占星術師で、恐らく世界で最も有名な占星術師の一人です。
彼の著作は内容が非常にわかりやすいだけでなく、勉強の方法も実占の時に気をつけるべきことも丁寧に教えています。僕が尊敬してやまない占星術師です。

プロフィール

このサイトの管理者は朝比奈ジュンです(・∀・)
【朝比奈ジュン.com】
朝比奈ジュン.comはこちらから